女性の高年収は、婚活に有利?不利?

スポンサーリンク


今日のテーマは、ズバリ「婚活と年収」について。

男性の場合、職業と年収は、婚活における最重要ポイントの一つで、高年収は、もちろんプラスです。

では、高年収な女性の場合、婚活市場ではどう評価されるのでしょうか?

婚活をはじめたころ、その少し前に、私は転職をしました。その後、婚活を続けた3年間のあいだに、仕事上では独立して、フリーランスも経験しました。

この間、実はけっこう収入が良かった時期があったんですね、同年代の男性の平均以上は稼いでいたし、フリーランス時代は、時間も自由で、仕事上のつき合いなども、会社勤めの頃とは違ってきます、はたから見ると、わりと華やかな生活をしていたと思います。

しかし、2011年の3月の大震災で、仕事を取り巻く環境は一転し、非常に厳しい環境になることに…

サラリーマンの場合は、世間が不況でも、決まったお給料を会社が保障してくれます。(リストラされたり、会社が倒産したらどうにもなりませんが…)

フリーランスとなると、そのしわ寄せをダイレクトに受けるので、前年比8割減とかいうレベルで収入がダウンしました…!

8割になったんじゃなくて、8割減ですよ、例えば、1000万だったら、200万まで落ちたってことです。

しかも、これに追い打ちをかけるのが、前年の収入をもとにかけられる税金や社会保障費、はっきり言って、手元にお金は残りませんでしたね…

ただ、幸いなことに、私は実家が東京でしたので、衣食住に困るようなことはありませんでしたが。

就職活動でもしようかな、と思ったものの、震災直後は社会の状況も不安定でしたし、なんとなく精神的にまいってしまい、実家の庭で家庭菜園したりと、以前とは180度違ったエコでロハスな生活を半年くらい送りました^^;

そうこうしてるうちに、落ち着きを取り戻し、私の社会的な立場も、普通の会社員と同じくらいまでは回復し、今現在も、同じような感じで、なんとか続けています。

さて、このように、割と高年収だった頃と、一転して低年収の時代とで、両方の婚活を経験している、貴重なサンプルケースな私ですが、

女性の高年収は、婚活に有利なのか? 不利なのか?次回は、思うところを書いてみたいと思います。


私がおすすめする婚活サイトを比較

▶ ブライダルネット
結婚・お見合い・婚活・結婚相談の総合サイト ブライダルネット
会員数が多く、他の婚活サイトより、若い年齢層に人気。
写真掲載率は、7割と高い。
本人確認は100%実施。
▶ エキサイト恋愛結婚
婚活系サイトでは業界No.1!
入会時には公的書類で本人確認、安心・安全。
会員数も多く、地方の方ならここがオススメ♪
▶ ユーブライド
youbride(ユーブライド)
ライブドア運営の婚活サイト。
無料会員でも、サービスの一部が利用可能♪
女性におすすめ。
▶ マッチドットコム
なんと25カ国! 世界規模で展開する婚活サイト。
日本の会員数は187万人と、出会いの可能性はとにかく広い!

エキサイト恋愛結婚で婚活をスタート!

ネット婚活をもう少し続けてみようと、マッチドットコムの次に、私が次に登録したのはエキサイト恋愛結婚です。

▶ エキサイト恋愛結婚

エキサイトは、IT隆盛期から、ポータルサイトとして、そこそこの位置づけで、そのエキサイトが運営する婚活サイト自体も、ネット婚活の世界では、かなり老舗、私の婚活の歴史において、なんだかんだいって、ずっと使っていたサイトです。

婚活サイトに興味がある人がいたら、まず最初にエキサイト恋愛結婚をオススメするくらい、私にとっては使いやすいサイトでした。

入会には、本人確認が必須なので、安心して利用できるのもポイントです。

エキサイト恋愛結婚に登録すると、数週間のうちに、さっそく100通以上のメールが届きました。

どの婚活サイトにも言えることですが、女性の新規会員はメールラッシュの洗礼をあびることになります。

ここで、勘違いしてはいけないのは、これは一種のバブル現象で、1ヶ月もたつと、ちょぼちょぼしかメールは来なくなります、婚活サイトのヘビーユーザーだった私の実体験なので、これは間違いない^^;

なので、最初のご新規バブルの段階で、「私モテるかも?」なんて調子に乗って、ばんばん切らない方がいいです、特に問題なさそうな相手には、とりあえず返信をしておきましょう。

メール交換の人数が多くて、少し大変だとしても、その後、メールのやり取りが途切れたり、実際会ったら、「ないな…」という感じで、すぐに落ち着くので。

最初の段階で条件を厳しくしすぎて、私は、後から後悔したこともあるので、あまりハードルを上げすぎず、できるだけ多くの人と会ってみて下さい。

まあ、必要以上に条件を下げる必要もなく、客観的に見て、自分とつり合いが取れてるかどうかが基準ですね。

さて、エキサイト恋愛結婚に登録した私は、実際、かなりの人数の相手を会いましたが、今でも覚えているのが、その夏はかなり暑く、連日の真夏日、そんな中、多くの面接をこなしたのが、とっても大変だったという思い出です。

私が婚活を始めたのは冬なので、その時点で、もう既に半年が過ぎていました。


私がおすすめする婚活サイトを比較

▶ ブライダルネット
結婚・お見合い・婚活・結婚相談の総合サイト ブライダルネット
会員数が多く、他の婚活サイトより、若い年齢層に人気。
写真掲載率は、7割と高い。
本人確認は100%実施。
▶ エキサイト恋愛結婚
婚活系サイトでは業界No.1!
入会時には公的書類で本人確認、安心・安全。
会員数も多く、地方の方ならここがオススメ♪
▶ ユーブライド
youbride(ユーブライド)
ライブドア運営の婚活サイト。
無料会員でも、サービスの一部が利用可能♪
女性におすすめ。
▶ マッチドットコム
なんと25カ国! 世界規模で展開する婚活サイト。
日本の会員数は187万人と、出会いの可能性はとにかく広い!
スポンサーリンク

けっきょく、結婚相談所には入会せず…

婚活サイト以外も検討しようと、相談所のカウンセリングを受けた私ですが、けっきょく、結婚相談所に入会することはありませんでした。

というのも、私が最初に登録したマッチドットコムより、婚活指数の高い婚活サイトも、けっこうあって、料金的にも、結婚相談所より、ネット婚活の方がリーズナブルです。

マッチドットコム以外の婚活サイトを試してみてからでも、結婚相談所は、遅くないかな、という感じで、いったん保留にしたんです。

けっきょく私は、3年の婚活を通じて、

マッチ・ドットコム
エキサイト恋愛結婚
youbride(ユーブライド)
ブライダルネット

の4つの婚活サイトを使いましたが、

私が最初に登録したマッチドットコムは、この中では、最も婚活色が薄いといいますか、会員数が多いので出会いの可能性が広いのはいいんだけど、婚活というより恋活といった方が適切なのかもしれない…そんな位置づけです。

ちなみに、私が使ってみての比較ですが、会員の結婚指向が高い順に並べると、

ブライダルネット
エキサイト恋愛結婚
youbride(ユーブライド)
マッチ・ドットコム

かな?

ま、これは、あくまで私個人の感覚ですが。

私が、この時に登録した婚活サイトはエキサイト恋愛結婚で、この後、私のネット婚活歴においては、エキサイト恋愛結婚がメインで使うサービスになっていきます。

▶ エキサイト恋愛結婚

私の婚活史前半は、マッチドットコムから始まり、次にエキサイト恋愛結婚がメインに、

婚活史も後期に入ると、エキサイト恋愛結婚とブライダルネットを、おもにを利用するようになりました。

そう、なんだかんだで、エキサイト恋愛結婚はずっと使ってました(笑)

だって、使いやすいですもの^^; 一押しの婚活サイトです。


私がおすすめする婚活サイトを比較

▶ ブライダルネット
結婚・お見合い・婚活・結婚相談の総合サイト ブライダルネット
会員数が多く、他の婚活サイトより、若い年齢層に人気。
写真掲載率は、7割と高い。
本人確認は100%実施。
▶ エキサイト恋愛結婚
婚活系サイトでは業界No.1!
入会時には公的書類で本人確認、安心・安全。
会員数も多く、地方の方ならここがオススメ♪
▶ ユーブライド
youbride(ユーブライド)
ライブドア運営の婚活サイト。
無料会員でも、サービスの一部が利用可能♪
女性におすすめ。
▶ マッチドットコム
なんと25カ国! 世界規模で展開する婚活サイト。
日本の会員数は187万人と、出会いの可能性はとにかく広い!
スポンサーリンク

そして、結婚相談所へ行きました…

婚活をスタートして、婚活サイトに登録、結果的に、4人の男性に会いましたが、同時に、ネット婚活の限界を感じることに…

そこで、結婚相談所に話を聞きに行こうと、思い立ったが吉日、結婚相談所にカウンセリングの予約を入れました。

ネットで評判を調べて、結婚相談所業界の大手2社、オーネットとツヴァイに絞り、に行ってみることにしました。

さて、上記の2社の場合、ネット上で受けられる簡単な婚活テストを、それぞれが用意しています。

▶ オーネット
新_成婚

▶ ツヴァイ
結婚仲介所

これを受けると、診断結果を教えてくれると同時に、一度ご来社して無料カウンセリングを受けませんか? という流れになります。

そして、診断を受けてのカウンセリングなので、いきなり行くより、深い話しもできます。

私の場合、ネットでの婚活診断から、わずか一週間後の週末、オーネットとツヴァイの、それぞれ支社へ行くことが、トントン拍子で決まりました(汗)

結婚相談所に興味がある方は、まずは、この辺の大手に話を聞きに行くことをオススメします。

次回からは、その時の様子などを書いていきたいと思います。


おすすめの結婚相談所を比較

▶ オーネット
新_成婚
楽天グループ、結婚相談所業界では、No.1の最大手。
会員数は約4万人。
相談所に関心があるなら、ここは外せない!
▶ ツヴァイ
恋愛傾向チェック
イオングループの老舗相談所。
オーネットと並ぶ、業界ツートップ。
大手企業や公務員などの会員が多いと評判。
▶ パートナーエージェント
結婚情報
会員は都市部に集中、都会で婚活したい人におすすめ。
コンシェルジュやコーチングなど、支援サービスが充実。
▶ IBJメンバーズ
東京 結婚相談所
JASDAQ上場企業のIBJが運営。
仲人型システムで成婚率が高く、会員数も5万人と大手に並ぶ。
初期費用も安いのが嬉しい♪

私が婚活をはじめた理由

私が婚活を始めたのは、30歳のときでした、微妙なお年ごろですね^^;

最近、友だちの結婚ラッシュが続いてる…
気がつけば、今年で30歳になったし…
今までは何も言わなかった両親からも、なんとなくプレッシャー…

実際、アラサーと呼ばれる年齢になって独身だと、そういう状況ってありますよね。

長年つきあってる恋人なんかがいれば、じゃあ、そろそろ結婚する?という話にもなるんでしょうか?

私の場合、当時、恋人と呼べる人はいなかったんですが、お互いに意識しつつ何度か食事をしてる男性がいました。

ちょど、その当時の私は、仕事で転職をして、仕事の引き継ぎや退職の挨拶など、そんな時、取引先だったKさんから食事に誘われました。

その誘い方がなかなかグッときたんです、それは、書類を交換するときに、付箋に書いてあったんです。

お会いできなくなるのは寂しいので食事でも行きませんか?

Kさんは決してかっこいいタイプじゃなかったんですが、これにはクラっときて、OKの返事をしました。

その後、何回か食事に行くことになるんですが、結果的には、上手くいきませんでした。

付き合ったり、男女の関係になる前に、

たえさんの年齢を考えたら、このまま時間を浪費させるのは申し訳ない。

と言われフラレました…(もともと付き合ってないのにフラれたという表現も変だけど)

仕事上と、プライベートで、私に抱いていたイメージが、違ったんでしょうね^^;

まだ恋愛感情といえる程のものはなかったけど、それなりにショックで、そのショックから衝動的に婚活サイトに登録したのが、私が婚活をはじめたきっかけです。

なんせ、フラれて帰ってきたその日の夜に登録したくらいなので、かなり衝動的な婚活スタートです。

正直、一言でいえば、「勢い」ですね^^;

その時、私が登録したサイトがマッチドットコム、会員数の多さで選びました。


▶ マッチ・ドットコム

登録して2~3週間で、もらったメールは100通を越え、その中から4~5人の人に会いました。

そして、その4人の人とやり取りしてる間に、元取引先のKさんから再び連絡がきたんです!

お久しぶりです、お元気ですか?
◯◯(当時、話題になっていた映画)にご招待してよろしいでしょうか?

時間がたって惜しくなったパターンなんでしょうか?

ただ、私はもうKさんには興味が持てませんでした、女って、そういうもんです^^;

それに、Kさんに言われたことを、ちょっと根に持ってたのもありますね。

でも今となっては、婚活を始めるきっかけを作ってくれたKさんには感謝です。


私がおすすめする婚活サイトを比較

▶ ブライダルネット
結婚・お見合い・婚活・結婚相談の総合サイト ブライダルネット
会員数が多く、他の婚活サイトより、若い年齢層に人気。
写真掲載率は、7割と高い。
本人確認は100%実施。
▶ エキサイト恋愛結婚
婚活系サイトでは業界No.1!
入会時には公的書類で本人確認、安心・安全。
会員数も多く、地方の方ならここがオススメ♪
▶ ユーブライド
youbride(ユーブライド)
ライブドア運営の婚活サイト。
無料会員でも、サービスの一部が利用可能♪
女性におすすめ。
▶ マッチドットコム
なんと25カ国! 世界規模で展開する婚活サイト。
日本の会員数は187万人と、出会いの可能性はとにかく広い!