入籍までの道のり、婚姻届についてまとめ

スポンサーリンク


先日ご報告した通り、無事に入籍しました。

婚姻届の出し方について、簡単にまとめておきます。

~入籍までの流れ~

■必要な書類を揃える

婚姻届を役所からもらって来る。必要な場合は戸籍謄本も用意する。
※本籍地以外の役所に婚姻届を提出する場合は戸籍謄本が必要。

つまり、本籍地のある自治体に提出する場合のみ、その本人のみ戸籍謄本は不要ってこと、なぜなら、すぐに確認できるので。
※婚姻届を提出する役所は、夫・妻どちらかの本籍地または住所地。

■婚姻届に必要事項を記入・捺印する

婚姻届に署名・捺印をします。法務省のページに記入例がありました。
http://www.moj.go.jp/content/000011716.pdf

■証人に署名・捺印してもらう

婚姻届の証人は2人必要になります。
夫と妻の親から、それぞれ1人ずつ署名したり、共通の友人に頼んだりする場合が多いようです。
※ただし、家族に頼む場合は、印鑑は別のものにする必要あり。

■婚姻届を役所に提出する

婚姻届を提出する役所は、夫・妻どちらかの本籍地または住所地。
提出の際は、身分証明証が必要なので、運転免許証などを持っていく。
あと、書類に不備があったら、印鑑があれば、その場で訂正できるので、念のため、印鑑も持って行く。


作業としては、けっこう簡単ですよね、自分でやってみて、あっけなかったな、という印象です^^;

でも、婚姻届は旧姓で記入するんですが、あれが、旧姓で記入する最後の書類だったんだな~、と、今から振り返ると、ちょっと感慨深いかも…


おすすめの結婚相談所を比較

▶ オーネット
新_成婚
楽天グループ、結婚相談所業界では、No.1の最大手。
会員数は約4万人。
相談所に関心があるなら、ここは外せない!
▶ ツヴァイ
恋愛傾向チェック
イオングループの老舗相談所。
オーネットと並ぶ、業界ツートップ。
大手企業や公務員などの会員が多いと評判。
▶ パートナーエージェント
結婚情報
会員は都市部に集中、都会で婚活したい人におすすめ。
コンシェルジュやコーチングなど、支援サービスが充実。
▶ IBJメンバーズ
東京 結婚相談所
JASDAQ上場企業のIBJが運営。
仲人型システムで成婚率が高く、会員数も5万人と大手に並ぶ。
初期費用も安いのが嬉しい♪
スポンサーリンク