婚活で騙されマンション購入「契約は無効」と集団提訴

スポンサーリンク


これは、興味深いニュースです。

以前、このブログでも、書いたのですが、

★関連記事
怖い話…婚活サイトを使ったセールス商法?
婚活につけこみマンション買わせる 国民生活センター調査

婚活で知り合った異性に騙され、マンション購入した男女12人が、「契約は無効」と集団提訴を起こしたと、ニュースで報じられました。

以下、読売オンラインより引用です。

不動産仲介会社の従業員であることを隠して「婚活サイト」に登録した異性から、高額な投資用マンションを購入させられたとして、サイト利用者の男女12人が26日、東京都内の仲介会社やマンション販売会社、銀行など14社を相手取り、2億円超の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。
訴状によると、原告はいずれも、サイトで知り合った異性に「将来設計のため」などと勧められ、紹介された販売会社から、首都圏のマンション計14戸を計約3億7000万円で購入した。その後に異性とは音信不通となり、銀行とのローンが残ったとしている。
原告の弁護団は「結婚願望につけ込んだ悪質なデート商法。仲介会社と販売会社はぐるで、売買契約は無効だ」と主張。原告が販売会社に支払った頭金などの賠償を求め、住宅ローン契約を結んだ銀行には返済義務はないと主張している。


この裁判の行方は、どうなるんでしょうね?

興味深かったので、個人的に少し調べてみました。

このような、いわゆる「デート商法」を訴えた裁判は、過去にも、かなり多く起こされているらしいのですが、基本的に、自己責任ということで、原告側が負けていたのだとか。

ただ、2009年に、デート商法で、ジュエリーを買った男性の訴訟で、デート商法は、公序良俗に反し契約は無効、との判決が出たことがあるそう。

ちなみに、この時は、約200万円の指輪?の契約で争われたそうですが、今回のマンション訴訟は、被害額も桁違いに大きく、本当にどうなるんだろう?

スポンサーリンク